2011年04月24日

第600話 再出発の島
第601話 ROMANCE DAWN for the new world

お久しぶりの更新になります。

最近、更新の度にお久しぶりと言っている気がしますね…(-"-;A

PC版のほうを少しリニューアルしてシンプルにしてみました。

今まではHP風のつもりでしたが、気分を変えてベタなブログ風にしてみようかと…

見やすいように、色々少しずつ試していこうかと思っております(^-^)

で、今回は2話まとめて見ていきます。

というのは、第600話が意外と書くことが少ないんですよねぇ。。

そういえば、いよいよあと10日ほどで巻六十二が発売されますね!

本当に楽しみです\(⌒▽⌒)/

では今回のお話を早速。。。


第600話 再出発の島

ちょうどキリ番となる今話。

前話では遂にルフィとゾロが登場、という場面でした。

そして今話は2年ぶりに一味が合流し始めてます。

ここではウソップとナミ、そしてチョッパーが再会してますが、まず驚いたのはチョッパーの大きさです。


ONE-PIECEimg234.gif


確か人獣型の時は以前と同じ大きさだったはず。

それが獣型になるとかなり大きくなっていますよね。

チョッパーは人間ではありませんけど、以前の年齢は15歳。

2年後ってことで現在は17歳ですから、ちょうど成長期真っ只中です。

大きくなっても何ら不思議はないのですが、人獣型と獣型で大きさが変わるんですねぇ( ̄0 ̄)

一番大きかった人型になったらどうなるんでしょうか??

そして七段変形の姿もそれぞれ変化してるかもしれませんね。。その前に段階が七段以上に増えてるかもしれないですしね(^-^)

ゾロとサンジも再会したようですが、相変わらず仲が悪いですよね〜(*>w<*)

これがいいんですけどね!

そして例のルフィのニセモノ一味ですが、どうやら一味にルーキー達を加えているようですよね。

でもそのルーキーもルフィ達の時より少しスケールが小さいように思います。

だって、ルフィやキッド、ロー、ホーキンスなんかが同じ海賊団になるなんて全く想像できませんからね。

それぞれが十分「個」として成立してますから、わざわざつるむ必要ないですからね。

この時点でレベルが違います(`・ω・´)/

ただ、カリブーとコリブーの兄弟。。


ONE PIECEimg235.bmp


この2人の懸賞金額がかなり高額というのが気になるところではありますよね。

2年前でいうと、ロー(2億)やドレーク(2億2000万)、アプー(1億9800万)なんかと同レベルの額になります。

ただ懸賞金額は決して強さのみを表したものではなく、その人物が起こしてきた事件の大きさなんかも加味された額ですので、そんなに気にする人物ではないと思うのですが…見るからに凶悪な感じがするのは確かですよね。

場面は変わってブルックのライブ会場。


ONE PIECEimg236.bmp


このブルックの曲のタイトル。。NEW WORLD=B。そう、新世界≠ナす。

スターになってもブルックの心は麦わらの一味なんですね。゚(゚´д`゚)゚。

フランキーは、スターになったブルックはもう一味には戻ってこないかも、なんて言ってましたが、ブルックは52年前のラブーンとの約束をしっかり覚えてますし、そのために麦わらの一味に入ったような人ですから、普段は頼りなく見えるかもしれませんが相当男気のある人だと思います。

そしてウソップ達はフランキーやロビンとも合流。これで残るはブルック、ゾロ、サンジ、そしてルフィの4人を待つばかりです。。



第601話 ROMANCE DAWN for the new world=|新しい世界への冒険の夜明け−

いよいよ巻六十一のタイトルにもなってる話です。

楽しみです!(´艸`)

ブルックも、ついにサニー号へと向かい始めました。

そしてルフィはというと…ニセモノと合流!(-"-;A

チョッパーとルフィの天然はどうしようもないですよねぇ…

しかしそこに戦桃丸率いる海軍が登場します。。あのパシフィスタの姿も…ルフィにとっては嫌な思い出でしょうね。

2年前、一味が崩壊した時も戦桃丸とパシフィスタにやらたんですよね。

ずっとチョロチョロしてたニセモノは、"三枚舌のデマロ・ブラック(懸賞金2600万)"ということが判明。

そしてルフィとパシフィスタの戦闘が始まりました。

が!ほとんど戦いにはならなかったですよね( ̄0 ̄)


ONE-PIECEimg237.gif


一撃です。

ギア2の発動もかなり進化してました。

しかし一撃とは…いやはやです。。

騒ぎに駆けつけたゾロとサンジもパシフィスタとの戦闘に入りましたが、こちらも…


ONE-PIECEimg238.gif


一撃です。。

たまたま2人の同時攻撃になってますが、どちらの攻撃も共に致命傷。

1人でも余裕でしょう。

この3人、どれだけレベルアップしてるんでしょうね。

2年前の様子を思い返せば、パシフィスタ1人に3人がかりで攻撃してやっと退けたんでしたよね。


ONE PIECEimg233.gif

ONE-PIECEimg233_2.gif


必死の形相で戦って何とかって感じだったのに、今はほとんど勝負になってません。

そしてそしてルフィに関してはもう一つ。


ONE-PIECEimg238_2.gif

ONE-PIECEimg239.gif


この距離でレイリーの気配に気付いたのはとりあえずルフィだけでしたが、これはいわゆる「見聞色」の覇気ですよね。

覇王色や武装色といった攻撃面だけじゃなく、見聞色もしっかりと身に付けてるのはスゴイと思います。

ところでゾロとサンジはレイリーには気付いていなかったのでしょうか(´・ω・`)??

僕は、2人とも覇気を身に付けてる、と勝手に思い込んでいるのですが。。

レイリーとは2年前に面識があるはずですし、存在に気付いたら何らかの反応をしてもよさそうに思うのですが…

2人は覇気とはまた違った強さを身に付けてるんでしょうかねぇ。。

ゾロとサンジが送った2年間も興味深いですよね。

そしてマリンフォードから辛くも脱出した直後、ルフィはすっかり自信を失ってましたよね。


img240.bmp


画像の状態が悪くてすいません(´;д;`)

ルフィはいわゆる自暴自棄ってやつでした。

でも今はどうなってるかというと…


ONE-PIECEimg239_2.gif


海に出た当初からルフィはこのセリフを言ってましたが、最初は何も分からない状態で、ただただ自分の決意を叫んでいるだけでしたよね。

でも今は色んな経験をして、海賊や海軍の最高峰といわれる人達と接し、色んなものを得て色んなものを失った上でのこの言葉です。

重みが違いますよね〜(;´Д`)

一度失った自信を取り戻した今、ルフィのようなタイプの人間というのは本当に強いと思います。

それを見たレイリーも…


ONE-PIECEimg239_3.gif


涙を浮かべてルフィを見ていますが、かなり感慨深いものがあるでしょうね。

もちろん弟子が立派に育ったという思いもあるでしょうが、レイリーの中ではロジャーやシャンクスの姿も去来していたのかもしれません。。もしかしたらエースの姿も。。。

今話はROMANCE DAWN for the new world≠フタイトルにふさわしい内容だったと思います(^-^)



<<第599話へ          第602話へ>>
posted by takempo at 18:31| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

第599話 九人の海賊

お久しぶりの更新になります(^-^)

少し間が開いてしまいましたが、早いものでもう3月も終わり。

更新していない間には大変なことが起こり、今は「国」としても大変な時期だと思いますが、こんな時こそ元気を出していきたいと思ってる今日この頃です。。

そして5月にはコミック巻六十二も発売になりますね。楽しみです!(´艸`)

では早速、第599話を見ていきたいと思います。。。


前話から始まった新世界編、2年間で成長した麦わらの一味が続々とシャボンディ諸島に集結してきましたよね。

最後のコマでチラっと姿を見せたルフィですが、今話はその続きからです。

前回はスルーしましたが、2年経ったシャボンディ諸島ではルフィ達のニセ者が横行しています。

月日は人を変えますが、あのニセ者達、2年でそこまでは変わらんやろ〜って感じの外見ですよね(-"-;A

ルフィは偶然にもそのニセ者達と遭遇し絡まれてしまいましたが、ワンピース読者はそこで驚くべき光景を目にすることになりました。。

ぶつかったという些細な理由でニセ者はルフィに発砲します。

が、引き金を引かれた瞬間のルフィはまだ止まったまま。。


ONE-PIECEimg228.gif


そして弾が飛び出た時、最小限の動きでそれをかわします。。


ONE-PIECEimg229.gif


その後、覇王色の覇気による一睨み。。


ONE-PIECEimg229_2.gif


ニセ者達アッサリ気絶。。


ONE-PIECEimg229_3.gif


これは圧巻ですよね。。圧倒的です( ̄0 ̄)

2年前のルフィが同じ状況に陥ったとしたら、絶対にこんな展開にはならなかったでしょうね。

ゴムゴムの能力があるから弾は避けず、当たるに任せてビョ〜〜〜ンってなった姿を見て相手は少しひるみます。

「こいつ、能力者だ!」みたいな。。

そこで”ゴムゴムのなんとか”で敵を一蹴して決着がつく、っていうのが今までのルフィでした。

そして2年後の姿がこれ。

驚きとともにうれしいですね。ワクワクします(^-^)

しかし成長しましたよね!

本来、修得するのに2年では短い、とレイリーが言っていた覇気の基礎をわずか1年半で修得してしまったルフィ。

また、レイリーは”疑わないこと”それが”強さ”だとも言ってましたが、元来”疑う”ということとは無縁のルフィは、レイリーが思ってる以上に資質が強いんだと思います。

修行を終えたばかりの段階でこれですから、これから新世界に入って実践を重ねると、更に強さに磨きがかかるんでしょうね。

頼もしい船長ですよね!( ^ω^ )

そしてフランキーも2年ぶりの登場です。


ONE-PIECEimg230.gif


う〜んフランキー…ん?フランキー!?って思うぐらい外見が変わっちゃいました。

でも相変わらずの変態である意味ホッとしました(*´д`)

変態ですが、自らのナンバリングを「BF-36」から「BF-37」に変えたということは、それだけの進化を遂げたということなんでしょうね。

天才Dr.ベガパンクの生まれた国でどんな技術を修得してきたんでしょうか。。

既にサニー号にもメンテと改良を施したようですし、そちらも楽しみですよね!

そうそう、そういえば忘れてはいけない仲間がもう一人。


ONE-PIECEimg230_2.gif


サウザンド・サニー号も2年ぶりになります。

こちらはコーティングされてることを除けば何も変わっていませんが、クルー不在にも関わらずサニー号の姿が変わらないでいれたのは、色んな人が守ってくれていたから。

そのことについては、また後日触れていきたいと思います。

サニー号でフランキーとロビンが再会しましたが、ロビンはミュージシャン・ブルックのポスターを手にしてますよね。

そしてブルックの「TD」が出回ってるというセリフ。

「TD」ってことはトーンダイヤルですよね。

ダイヤルは空島の特産品ですから、基本、青海にはないものですよね。

それ以前に新世界から離れた海では、空島の存在そのものが空想のように言われてましたよね。

ルフィ達も空島に行って初めてその存在を知りました。

その空島のダイヤルがCDのように流通しているのは、やはり新世界近辺では空島の存在は常識ってことでしょうか。

それともこの2年間で空島と青海の交流が活発になってきたのでしょうか。

青海でワイパーやラキと再会、なんて展開があったら素敵ですよね〜(^-^)

そして、インペルダウンやシャボンディ諸島、マリンフォードで大暴れしたルフィは、政府にとってもその存在感が大きくなっているようです。

それは戦桃丸の表情やセリフにもよく表れていました。


ONE-PIECEimg231.gif


そういえば戦桃丸にも変化があったようですね(´艸`)

更に強敵として立ちはだかってきそうです。。

で、最後はこの人。。


ONE-PIECEimg232.gif


ゾロ。。ファンが多いのがよく分かります。。

もうこの姿だけで既に強いでしょ!(-"-;A

巨大ガレオン船を「秋水」で真っ二つに斬ったようですが、やっぱりこの場面、ミホーク初登場の場面とシンクしますよね。

ミホークもクリークの巨大ガレオン船を真っ二つに斬ったんでしたよね。

船を斬ること自体は以前のゾロでも出来たと思うんですが、ミホーク初登場の時と同じシチュエーションを表現するということは、それだけで今のゾロの実力を見て取れるような気がします。

そして今巻の表紙にもありましたが、このゾロの左目、レイリーさんのように傷跡が付いてるだけじゃなく、目自体が開かなくなっているようです。

今後の戦いに影響はないのか?と気になりましたし、そう思った読者さんもたくさんいらっしゃると思いますが、ゾロのことだから全く気にしていないんでしょうね。。(>Д<)

更に強くなった姿を見るのが楽しみですよね!


最後に。。

温かいコメントをくださった皆様、本当にうれしかったです。

この場をかりてもう一度言わせていただきます。

本当に本当にありがとうございました!(^-^)



<<第598へ          第600話へ>>
posted by takempo at 18:42| Comment(2) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

第598話 2年後

今回からいよいよ2年後の話。

新章突入になります(^-^)

ということで、早速見ていこうかと思います!

まずは無人島ルスカイナで修行していたルフィ。


ONE-PIECEimg221.gif


修行を始める時、レイリーさんは覇気の基本を身に付けるのには最低でも2年かかる、それでも短いくらいだと言ってましたが、ルフィはどうやら1年半で覇気の基本を身に付けることができたみたいですね。

そういえばレイリーさんはその時、「疑わない事」それが「強さ」だ、とも言ってましたが、ルフィは元々疑うということを知りません(-"-;A

それがレイリーさんの予想を遥かに超える成果をもたらしたんだと思います。

ルフィの覇気に関する資質は相当高いんだと思います。

そしてルフィの胸には大きなキズが付いてます。

これは修行中にできたキズなのか、またはマリンフォードで付いたものなのでしょうか?

確かにルフィはマリンフォードで重症を負いましたが、ここまでの大きなキズにはかなりの出血が伴うと思います。

でもマリンフォードではそんなに胸から血が出てなかったと思うので、たぶん修行中に怪我をしたんでしょうね(-゛-メ)

いずれにしてもこのルフィの雰囲気を見るとかなりな仕上がり具合だと思います( ̄0 ̄)

楽しみですね(´艸`)

ルスカイナには九蛇海賊団も来てますが、そこにマーガレットの姿も見えます。

2年前は護国の戦士だったマーガレットも無事あこがれの九蛇海賊団に入ることが出来たんでしょうか。。

ルフィ達だけじゃなく、他のみんなも成長してるんでしょうね。

そして場面は一味の集合場所であるシャボンディ諸島。

麦わらの一味が仲間を募集…(´・ω・`)??

まさかですね。

そしてブルックがソウルキングと呼ばれ「大スター」になってます。


ONE-PIECEimg222.gif


なんだか展開が意外すぎてついて行けませんね(;´Д`)

そういえばブルックの音楽は本来クラシック中心っぽい感じでしたが、すっかりロックな感じになってます。

新たなジャンルに踏み込んだブルックは思いもよらない力を付けてるんじゃないでしょうか。。

元々この人は音楽で戦う戦士なので、その音楽の幅が広がったということは、単純に戦いの幅も広がってると思うんですよね。

ロックをどんな風に使うのかは想像もつきませんが、とりあえず楽しみですよね(>Д<)

そして次に出てきたのがサンジ。


ONE-PIECEimg223.gif


カマバッカ生活の影響がモロに出てますよね。

大丈夫かなぁ…(-"-;A

そしてずっと前髪に隠れていた左目ですが、色んなウワサが囁かれてましたよね。

サラっと出てます。。

普通やん、と思いきや眉毛…

右目は目尻側がグルグルでしたが、左目は目頭側がグルグルに( ̄0 ̄)

まぁこれじゃ両目を一緒には出しにくいですよね。

しかしサンジがどんどん面白キャラになっていくのがちょっと心配になってきました。

僕はサンジが好きなので、正直、これ以上は壊れて欲しくないですね。゚(゚´д`゚)゚。

まぁどうなろうとサンジはサンジなんですけどね。

これからも頼りになるコックであることに変わりは無いと思います(^-^)

そしてナミ。


ONE-PIECEimg224.gif


かなり髪が伸びてキレイになってますよね。

これはサンジじゃなくてもああなります!

元々世渡り上手というか抜け目のなかったナミなので、2年経ってその辺にも磨きがかかってるんじゃないでしょうか。

そしてウェザリアで世界一の気象学を学んできてるはずなので、航海の時のナミを見るのが楽しみです。

酒場にいたナミは、ルフィのニセモノに絡まれてますが、そこに現れたのがウソップ。


ONE-PIECEimg225.gif


おおぉ〜!

たくましいですねぇ( ̄0 ̄)

髪も伸びてますが、それ以上に明らかに筋肉が付いてます。

そして一味で最初に成長の片鱗を見せてくれました。


ONE-PIECEimg224_2.gif


これはヘラクレスンに教えてもらったポップグリーンですよね。

「必殺緑星」ってことでポップグリーンを使ってるようですが、単に植物の種を飛ばしてるだけです。

このウソップの体つきを見れば、もちろんこれだけじゃないはず。

今までにはない戦いを見せてくれるんじゃないでしょうか。。

そして緑星を撃つ瞬間は見えませんでしたが、これまで愛用してたパチンコ「カブト」が確認できませんよね。

新たな新兵器も持ってるんでしょうね。

そしてこの時、ナミも少し実力を披露してくれています。


ONE-PIECEimg225_2.gif


ウェザーボールを使ったようですが、ハレダスさんにあれほどウェザーボールを戦いに使うなと言われていたのにΣ(゚∀゚;)

さすがナミですね。

しかしこの威力はすごいですよねぇ( ̄□ ̄;)!!

クリマタクトの雷とはケタ違いのパワーです。

ナミもまたウソップにウェザーボールを使った新兵器を開発してもらいそうですよね。

さて、続々と集結してきましたが、次はロビン。


ONE-PIECEimg226.gif


こちらもナミと同じくかなり髪が伸びています。

前と違って前髪を上げているから結構雰囲気も変わってますが、キレイなことには変わりありませんよね(^-^)

そしてもう誰かに追われている様子です。

今までと違ってロビンはこの2年間、革命軍と行動を共にしていますよね。

この場面はサラっと終わってしまってますが、ここでロビンを追ってる人、ただ者じゃない気がします。

革命軍は海賊じゃないので、追ってるのも海軍じゃなく他の機関になると思います。

確かに海軍元帥や3大将は強いですけど、あくまで海軍所属の役職の一つですよね。

政府に革命軍専門の機関みたいなのがあるとすると、おそらくそこにも元帥や大将的な人は存在すると思います。

後々やっかいなのが出てきそうですよねぇ。。

そして相変わらずなのがチョッパー。


ONE-PIECEimg226_2.gif


この愛くるしさは不変ですね。

でもヒルルクにもらった大切な帽子が変わってしまってます。

いつものように帽子の上から帽子をかぶっているのか、ヒルルクの帽子を改良したのか。。

とりあえず可愛いです(^-^)

でもチョッパーもトリノ王国で研究を重ねてきたと思うので、もしかしたらモンスター状態の自分を制御する術を見つけてるかもしれませんし、もっとすごいことになってるかもしれません。

今話はバタバタっと一味が登場してきたので、ほとんど人物紹介みたいな感じになってしまいましたが、ストーリー的な部分は今後の展開に絡めて見ていこうかと思います。



<<第597話へ          第599話へ>>





posted by takempo at 17:24| Comment(6) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。