2011年04月24日

第600話 再出発の島
第601話 ROMANCE DAWN for the new world

お久しぶりの更新になります。

最近、更新の度にお久しぶりと言っている気がしますね…(-"-;A

PC版のほうを少しリニューアルしてシンプルにしてみました。

今まではHP風のつもりでしたが、気分を変えてベタなブログ風にしてみようかと…

見やすいように、色々少しずつ試していこうかと思っております(^-^)

で、今回は2話まとめて見ていきます。

というのは、第600話が意外と書くことが少ないんですよねぇ。。

そういえば、いよいよあと10日ほどで巻六十二が発売されますね!

本当に楽しみです\(⌒▽⌒)/

では今回のお話を早速。。。


第600話 再出発の島

ちょうどキリ番となる今話。

前話では遂にルフィとゾロが登場、という場面でした。

そして今話は2年ぶりに一味が合流し始めてます。

ここではウソップとナミ、そしてチョッパーが再会してますが、まず驚いたのはチョッパーの大きさです。


ONE-PIECEimg234.gif


確か人獣型の時は以前と同じ大きさだったはず。

それが獣型になるとかなり大きくなっていますよね。

チョッパーは人間ではありませんけど、以前の年齢は15歳。

2年後ってことで現在は17歳ですから、ちょうど成長期真っ只中です。

大きくなっても何ら不思議はないのですが、人獣型と獣型で大きさが変わるんですねぇ( ̄0 ̄)

一番大きかった人型になったらどうなるんでしょうか??

そして七段変形の姿もそれぞれ変化してるかもしれませんね。。その前に段階が七段以上に増えてるかもしれないですしね(^-^)

ゾロとサンジも再会したようですが、相変わらず仲が悪いですよね〜(*>w<*)

これがいいんですけどね!

そして例のルフィのニセモノ一味ですが、どうやら一味にルーキー達を加えているようですよね。

でもそのルーキーもルフィ達の時より少しスケールが小さいように思います。

だって、ルフィやキッド、ロー、ホーキンスなんかが同じ海賊団になるなんて全く想像できませんからね。

それぞれが十分「個」として成立してますから、わざわざつるむ必要ないですからね。

この時点でレベルが違います(`・ω・´)/

ただ、カリブーとコリブーの兄弟。。


ONE PIECEimg235.bmp


この2人の懸賞金額がかなり高額というのが気になるところではありますよね。

2年前でいうと、ロー(2億)やドレーク(2億2000万)、アプー(1億9800万)なんかと同レベルの額になります。

ただ懸賞金額は決して強さのみを表したものではなく、その人物が起こしてきた事件の大きさなんかも加味された額ですので、そんなに気にする人物ではないと思うのですが…見るからに凶悪な感じがするのは確かですよね。

場面は変わってブルックのライブ会場。


ONE PIECEimg236.bmp


このブルックの曲のタイトル。。NEW WORLD=B。そう、新世界≠ナす。

スターになってもブルックの心は麦わらの一味なんですね。゚(゚´д`゚)゚。

フランキーは、スターになったブルックはもう一味には戻ってこないかも、なんて言ってましたが、ブルックは52年前のラブーンとの約束をしっかり覚えてますし、そのために麦わらの一味に入ったような人ですから、普段は頼りなく見えるかもしれませんが相当男気のある人だと思います。

そしてウソップ達はフランキーやロビンとも合流。これで残るはブルック、ゾロ、サンジ、そしてルフィの4人を待つばかりです。。



第601話 ROMANCE DAWN for the new world=|新しい世界への冒険の夜明け−

いよいよ巻六十一のタイトルにもなってる話です。

楽しみです!(´艸`)

ブルックも、ついにサニー号へと向かい始めました。

そしてルフィはというと…ニセモノと合流!(-"-;A

チョッパーとルフィの天然はどうしようもないですよねぇ…

しかしそこに戦桃丸率いる海軍が登場します。。あのパシフィスタの姿も…ルフィにとっては嫌な思い出でしょうね。

2年前、一味が崩壊した時も戦桃丸とパシフィスタにやらたんですよね。

ずっとチョロチョロしてたニセモノは、"三枚舌のデマロ・ブラック(懸賞金2600万)"ということが判明。

そしてルフィとパシフィスタの戦闘が始まりました。

が!ほとんど戦いにはならなかったですよね( ̄0 ̄)


ONE-PIECEimg237.gif


一撃です。

ギア2の発動もかなり進化してました。

しかし一撃とは…いやはやです。。

騒ぎに駆けつけたゾロとサンジもパシフィスタとの戦闘に入りましたが、こちらも…


ONE-PIECEimg238.gif


一撃です。。

たまたま2人の同時攻撃になってますが、どちらの攻撃も共に致命傷。

1人でも余裕でしょう。

この3人、どれだけレベルアップしてるんでしょうね。

2年前の様子を思い返せば、パシフィスタ1人に3人がかりで攻撃してやっと退けたんでしたよね。


ONE PIECEimg233.gif

ONE-PIECEimg233_2.gif


必死の形相で戦って何とかって感じだったのに、今はほとんど勝負になってません。

そしてそしてルフィに関してはもう一つ。


ONE-PIECEimg238_2.gif

ONE-PIECEimg239.gif


この距離でレイリーの気配に気付いたのはとりあえずルフィだけでしたが、これはいわゆる「見聞色」の覇気ですよね。

覇王色や武装色といった攻撃面だけじゃなく、見聞色もしっかりと身に付けてるのはスゴイと思います。

ところでゾロとサンジはレイリーには気付いていなかったのでしょうか(´・ω・`)??

僕は、2人とも覇気を身に付けてる、と勝手に思い込んでいるのですが。。

レイリーとは2年前に面識があるはずですし、存在に気付いたら何らかの反応をしてもよさそうに思うのですが…

2人は覇気とはまた違った強さを身に付けてるんでしょうかねぇ。。

ゾロとサンジが送った2年間も興味深いですよね。

そしてマリンフォードから辛くも脱出した直後、ルフィはすっかり自信を失ってましたよね。


img240.bmp


画像の状態が悪くてすいません(´;д;`)

ルフィはいわゆる自暴自棄ってやつでした。

でも今はどうなってるかというと…


ONE-PIECEimg239_2.gif


海に出た当初からルフィはこのセリフを言ってましたが、最初は何も分からない状態で、ただただ自分の決意を叫んでいるだけでしたよね。

でも今は色んな経験をして、海賊や海軍の最高峰といわれる人達と接し、色んなものを得て色んなものを失った上でのこの言葉です。

重みが違いますよね〜(;´Д`)

一度失った自信を取り戻した今、ルフィのようなタイプの人間というのは本当に強いと思います。

それを見たレイリーも…


ONE-PIECEimg239_3.gif


涙を浮かべてルフィを見ていますが、かなり感慨深いものがあるでしょうね。

もちろん弟子が立派に育ったという思いもあるでしょうが、レイリーの中ではロジャーやシャンクスの姿も去来していたのかもしれません。。もしかしたらエースの姿も。。。

今話はROMANCE DAWN for the new world≠フタイトルにふさわしい内容だったと思います(^-^)



<<第599話へ          第602話へ>>
posted by takempo at 18:31| Comment(1) | TrackBack(0) | コミック感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。